>
>

プレッシャーに弱い傾向診断

プレッシャーに弱い傾向診断

当診断ではプレッシャーに対する弱さを簡易的に把握することができます。レベルごとの対策も解説しました。是非参考にしてみてください。

プレッシャーに弱い傾向診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
自分に自信がない
2.
ネガティブな結果を予測する
3.
失敗することは恥ずかしいと思う
4.
周りの目を気にする
5.
悩みを一人で抱えることが多い
6.
感情のコントロールが難しい
7.
プレッシャーで眠れなくなる
8.
緊張でしばしば体や口が堅くなる
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は? 
あなたのお住まいは?
診断についての注意

***プレッシャーに弱い傾向診断 注意事項***

・プレッシャーに弱い傾向診断は
  公認心理師,精神保健福祉士
 川島達史の監修の元作成しました

・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下にプレッシャーに弱い傾向診断の作成手順や趣旨説明が明示されています。興味がある方はご一読ください。


尺度作成の趣旨
現代社会は短時間で手軽にできる媒体が好まれています。この点、学術的に使われる心理や人間関係に関する尺度は存在しますが、何十問もある尺度は、敬遠され、結局は使われないまま終わってしまうこともあります。

そこで、精神的健康や人間関係の問題につながりやすい根本的な感情に着目して、手軽に自己チェックができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、あくまで予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを目的として作成します。

 

診断作成の条件
以下のポイントを意識して作成する。

・バスや電車で簡単に
 読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・診断には限界があること明示する

 

***作成の手順***

①先行研究の調査
プレッシャーについて調査を行ったところ、尺度研究は存在しませんでした。そこで近接概念として、「ストレス耐性」「ストレスコーピング力」「レジリエンス」に関する論文を概観しました。

ストレス・コーピング・スキル尺度の作成 : その信頼性・妥当性の検討 木島 恒一 心身医学 48 2008

大学生用対人ストレスコーピング尺度の作成 加藤 司 教育心理学研究 48(2) 2000

英語文献におけるコーピング尺度の使用状況一1990年から1995年一.加藤司 東洋大学社会学 部紀要 2006

平野真理(2010)レジリエンスの資質的要因・獲得的要因の分類の試み−二次元レジリエンス要因尺度(BRS)の作成. パーソナリティ研究, 19, 94-106.

②グループ化
上記の論文、学術書、一般的なニーズを参考に、公認心理師・臨床心理士・心理学の大学院を卒業した者が協力し、ブレーンストーミングを行いました。その後、KJ法により以下の8つのグループができました。簡易診断とするため、それぞれの分類に対して1つの質問を採用しました。


*自己効力感のなさ
自分に自信がない

*予期不安
ネガティブな結果を予測する

*失敗過敏
失敗することは恥ずかしいと思う

*公的自己意識の過剰
周りの目を気にする

*社会的サポートの不足
悩みを一人で抱えることが多い

*自動操縦
感情のコントロールが難しい

*睡眠不足
プレッシャーで眠れなくなる

*身体的緊張
緊張でしばしば体や口が堅くなる


③ 4段階で評価
評価は5件法で設定し、4つの段階で評価をしました
解説文を200文字程度で作成しました


・40~33 かなり弱い傾向
・32~27 弱い傾向
・26~22 やや弱い傾向
・21~8  強い傾向


結果については長所と注意点の2つの面からバランスよく記述することを心掛けました。診断結果については提案程度にとどめました。

プレッシャー(MAX 40)

プレッシャー(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほどプレッシャーの弱い傾向があります。以下の基準を参考にしてみてください。27点以上の方は注意しましょう。

・40~33 かなり弱い
・32~27 弱い
・26~22 やや弱い
・21~8  強い

プレッシャー(MAX 40)

プレッシャー(MIN 8)

あなたのライン

ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の2群にあてはまる場合は注意しましょう。

・40~33 かなり弱い傾向
・32~27 弱い傾向

 

  • 総合

    順位都道府県平均値回答数
    1佐賀県35.1414
    2島根県34.4321
    3鳥取県33.147
    4岩手県32.4637
    5和歌山県31.9123
    6富山県31.6733
    7滋賀県31.6343
    8宮崎県31.2129
    9青森県31.1931
    10高知県31.1723
    11秋田県30.9650
    12鹿児島県30.7837
    13沖縄県30.7659
    14愛知県30.3188
    15徳島県30.2917
    16岐阜県30.2748
    17埼玉県30.26244
    18福井県30.2631
    19新潟県30.256
    20熊本県29.9454
    21長崎県29.8629
    22山梨県29.8527
    23福岡県29.78116
    24大阪府29.77234
    25神奈川県29.73372
    26三重県29.7152
    27長野県29.5874
    28京都府29.4161
    29兵庫県29.31160
    30岡山県29.2752
    31広島県29.2572
    32千葉県29.21202
    33静岡県29.194
    34石川県29.0339
    35北海道29.02217
    36群馬県2959
    37山口県28.8739
    38香川県28.7934
    39茨城県28.76128
    40宮城県28.771
    41福島県28.6784
    42奈良県28.5735
    43東京都28.55580
    44愛媛県28.4137
    45栃木県27.5577
    46大分県26.8824
    47山形県26.8562
  • 男性

    順位都道府県平均値回答数
    1佐賀県36.52
    2和歌山県34.54
    3鳥取県343
    4鹿児島県338
    5富山県31.9111
    6三重県31.6715
    7滋賀県31.4717
    8長崎県3110
    9長野県30.5625
    10山梨県30.4416
    11埼玉県30.3686
    12宮崎県30.297
    13沖縄県30.2417
    14島根県30.176
    15山口県30.1316
    16岩手県3014
    16愛媛県3018
    18熊本県29.4117
    19宮城県29.3523
    20新潟県2917
    21静岡県28.9731
    22広島県28.7924
    23青森県28.676
    24愛知県28.566
    24岡山県28.516
    26福岡県28.4439
    27福井県28.3813
    28神奈川県28.38127
    29高知県28.388
    30兵庫県28.3459
    31福島県28.2934
    32石川県28.1817
    33大阪府28.0693
    34北海道27.9972
    35香川県27.9522
    36東京都27.91206
    37群馬県27.4825
    38秋田県27.2917
    39奈良県27.110
    40茨城県27.0744
    41千葉県27.0467
    42岐阜県2715
    43徳島県26.85
    44栃木県25.8526
    45京都府25.7823
    46山形県24.5522
    47大分県22.510
  • 女性

    順位都道府県平均値回答数
    1島根県36.1315
    2佐賀県34.9212
    3岩手県33.9623
    4高知県3314
    5秋田県32.7832
    6鳥取県32.54
    7岐阜県31.7633
    8徳島県31.7512
    9滋賀県31.7326
    10福井県31.6118
    11京都府31.6138
    12富山県31.5522
    13宮崎県31.522
    14青森県31.4323
    15和歌山県31.3719
    16愛知県31.27122
    17沖縄県30.9842
    18大阪府30.86140
    19新潟県30.5437
    20福岡県30.4577
    21神奈川県30.4237
    22香川県30.3312
    23千葉県30.33132
    24埼玉県30.2157
    25熊本県30.1937
    26鹿児島県30.1729
    27群馬県30.1234
    28大分県3014
    29兵庫県29.87100
    30石川県29.6822
    31岡山県29.6136
    32茨城県29.5981
    33北海道29.54145
    34広島県29.4848
    35長野県29.448
    36長崎県29.2619
    37奈良県29.1625
    38静岡県29.1663
    39山梨県2911
    40東京都28.99371
    41福島県28.9250
    42三重県28.9237
    43宮城県28.7947
    44栃木県28.4151
    45山形県28.3938
    46山口県2823
    47愛媛県26.8919

2021年4月から調査を開始しています。
現在集計中です。

あなたはプレッシャーにかなり弱い傾向があります。

長所

プレッシャーにかなり弱い傾向がある方は、以下の長所があります。

①真面目な性格

1つ1つの物事に対して深刻に考えていきます。前向きに解釈すると、周りの出来事を丁寧に扱い、真剣に考えられるとも言えます。プレッシャーに弱い方は、サボることが苦手な一方で、真面目で誠実な人柄の持ち主とも言えるのです。

②危機察知能力が高い

一般の方と比べて、心配しやすい傾向にあります。そのため、最悪の結果を予測する、危機に対してしっかり対策をする、危険な人を避けるなど、リスクを回避することが得意です。

③芸術面で才能を発揮

プレッシャーに弱い方の中には、感受性が豊かで、細かく繊細な感性を持ち、独創的な発想ができる方がいます。小説家、アーティスト、クリエイターとして才能を発揮できるかもしれません。

 

注意点と対策

プレッシャーにかなり弱い傾向がある方は、以下の点で注意が必要です。ご自身にあてはまる項目を中心に、参考にしてみてください。

①本番に弱い

失敗するイメージが先行し、本番で力を発揮できない感覚がある方は注意が必要です。プレッシャーに強くなるには、「成功イメージを増やす」「不安な気持ちを観察する」などの対策が有効です。詳しくは以下のコラムご参照ください。プレッシャーに強くなる方法を一通り解説しました。

プレッシャーに弱い,強くなる方法

②逃げ癖がついてしまう

「自分にはどうせ無理」「やめた方がいい」など、ネガティブな思考に囚われ、チャレンジを回避することが多い方は気をつけましょう。長期化すると、経験が不足し、余計にプレッシャーに弱くなってしまいます。改善するには、認知行動療法を学ぶことがおすすめです。認知行動療法とは、思考の偏りを減らし、健康的な挑戦を増やす心理療法です。公認心理師など、専門家のもとで学習したいという方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。認知療法を基礎からしっかり学ぶことができます。

心理学講座

③心身の不調につながる

日々プレッシャーを感じていると、体にストレスが溜まっていきます。体にストレスが溜まると、不眠、肥満、免疫力の低下、血管系の疾患などの原因となります。あてはまる方は、体のリラックス方が有効です。体が慢性的に緊張している、よく眠れてない、倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

ストレス発散法,解消法を6つ紹介

あなたはプレッシャーに弱い傾向があります。

長所

プレッシャーに弱い傾向がある方は、以下の長所があります。

①真面目な性格

1つ1つの物事に対して深刻に考えていきます。前向きに解釈すると、周りの出来事を丁寧に扱い、真剣に考えられるとも言えます。プレッシャーに弱い方は、サボることが苦手な一方で、真面目で誠実な人柄の持ち主とも言えるのです。

②危機察知能力が高い

一般の方と比べて、心配しやすい傾向にあります。そのため、最悪の結果を予測する、危機に対してしっかり対策をする、危険な人を避けるなど、リスクを回避することが得意です。

③芸術面で才能を発揮

プレッシャーに弱い方の中には、感受性が豊かで、細かく繊細な感性を持ち、独創的な発想ができる方がいます。小説家、アーティスト、クリエイターとして才能を発揮できるかもしれません。

 

注意点と対策

プレッシャーに弱い傾向がある方は、以下の点で注意が必要です。ご自身にあてはまる項目を中心に、参考にしてみてください。

①本番に弱くなる

失敗するイメージが先行し、本番で力を発揮できない感覚がある方は注意が必要です。プレッシャーに強くなるには、「成功イメージを増やす」「不安な気持ちを観察する」などの対策が有効です。詳しくは以下のコラムご参照ください。プレッシャーに強くなる方法を一通り解説しました。

プレッシャーに弱い,強くなる方法

②逃げ癖がついてしまう

「自分にはどうせ無理」「やめた方がいい」など、ネガティブな思考に囚われ、チャレンジを回避することが多い方は気をつけましょう。長期化すると、経験が不足し、余計にプレッシャーに弱くなってしまいます。改善するには、認知行動療法を学ぶことがおすすめです。認知行動療法とは、思考の偏りを減らし、健康的な挑戦を増やす心理療法です。公認心理師など、専門家のもとで学習したいという方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。認知療法を基礎からしっかり学ぶことができます。

心理学講座

③心身の不調につながる

日々プレッシャーを感じていると、体にストレスが溜まっていきます。体にストレスが溜まると、不眠、肥満、免疫力の低下、血管系の疾患などの原因となります。あてはまる方は、体のリラックス方が有効です。体が慢性的に緊張している、よく眠れてない、倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

ストレス発散法,解消法を6つ紹介

あなたはプレッシャーにやや弱い傾向があります。

長所

プレッシャーにやや弱い傾向がある方は、以下の長所があります。

①コントロールできる

プレッシャーに弱い部分はありますが、前向きに考える力もあり、うまくコントロールできている方が多いでしょう。弱気になる面もありますが、自分のやりたいこと、興味があることにチャレンジすることができます。

②真面目な性格

1つ1つの物事に対して深刻に考えていきます。前向きに解釈すると、周りの出来事を丁寧に扱い、真剣に考えられるとも言えます。プレッシャーに弱い方は、サボることが苦手な一方で、真面目で誠実な人柄の持ち主とも言えるのです。

③危機察知能力が高い

一般の方と比べて、やや心配しやすい傾向にあります。そのため、危機に対してしっかり対策をする、危険な人を避けるなど、リスクを回避することが得意です。

③芸術面で才能を発揮

プレッシャーに弱い方の中には、感受性が豊かで、細かく繊細な感性を持ち、独創的な発想ができる方がいます。小説家、アーティスト、クリエイターとして才能を発揮できるかもしれません。

 

注意点と対策

ややプレッシャーを感じやすいところはありますが、日常生活は問題なく過ごせるでしょう。ただし、これ以上悪化すると、問題が大きくなってきます。以下の項目のうち、ご自身にあてはまるものを参考にしてみてください。

①本番に弱くなる

失敗するイメージが先行し、本番で力を発揮できない感覚がある方は注意が必要です。プレッシャーに強くなるには、「成功イメージを増やす」「不安な気持ちを観察する」などの対策が有効です。詳しくは以下のコラムご参照ください。プレッシャーに強くなる方法を一通り解説しました。

プレッシャーに弱い,強くなる方法

②逃げ癖がついてしまう

「自分にはどうせ無理」「やめた方がいい」など、ネガティブな思考に囚われ、チャレンジを回避することが多い方は気をつけましょう。長期化すると、経験が不足し、余計にプレッシャーに弱くなってしまいます。改善するには、認知行動療法を学ぶことがおすすめです。認知行動療法とは、思考の偏りを減らし、健康的な挑戦を増やす心理療法です。公認心理師など、専門家のもとで学習したいという方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。認知療法を基礎からしっかり学ぶことができます。

心理学講座

③心身の不調につながる

日々プレッシャーを感じていると、体にストレスが溜まっていきます。体にストレスが溜まると、不眠、肥満、免疫力の低下、血管系の疾患などの原因となります。あてはまる方は、体のリラックス方が有効です。体が慢性的に緊張している、よく眠れてない、倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

ストレス発散法,解消法を6つ紹介

あなたはプレッシャーに強い傾向があります。

長所

プレッシャーにかなり強い傾向がある方は、以下の長所があります。

①本番に強い

一般の人と比べて緊張しにくい傾向にあります。その結果、本番で本来の力を発揮しやすいといえます。プロスポーツ、営業職、リーダー職、など人前に立つ仕事で才能を発揮できるでしょう。

②ストレスフリー

プレッシャーが強い場面でも、必要以上に気負いすぎず、気楽に考えることができます。その結果、日々のストレスが少なくなり、心身とも健康であることが多いです。

③チャレンジできる

プレッシャーを感じにくい方は、興味のあることに、すぐに行動することができます。そのフットワークの軽さにより、チャレンジの回数が増え、経験が豊富になります。新しいこと物事への適応力も高いと言えるでしょう。

理解を深める

現在は健康的な状態です。予防として以下のコラムや講座をご参照ください。

①プレッシャーに強い状態を維持

プレッシャーを感じづらく、健康的な状態ですが、維持するためにも、基礎知識を学習しておくことをおススメします。以下紹介するコラムでは、プレッシャーに強くなるための基礎知識を紹介してします。是非ご参照ください。

仕事のプレッシャーへの対策

②ビジネス基礎講座

筆者は楽しく学べる、基礎講座を開催しています。プレッシャーを感じにくい性格をビジネスで活かしたい方は、下記のリンクを参照ください。プレゼンの練習、ディスカッションの練習などを行っています。

ビジネス基礎講座

③心理学講座

心のメカニズムを学ぶと、よりプレッシャーとの付き合い方がより上手になります。公認心理師など専門家の元で本格的に学習したい方は、下記のリンクを参照ください。認知行動療法、マインドフルネス療法など、総合的に学習することができます。

心理学講座

この診断を友達に伝える