>
>

焦燥感診断

焦燥感診断

焦燥感は長期化すると心や体に負担となります。当診断の結果では原因や対策を解説しています。ご自身にあてはまる内容を中心に参考にしてみてください。

焦燥感診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
何かと落ち着かない
2.
気持ちに余裕がない
3.
苛立つことが多い
4.
言葉使いが荒くなる
5.
納期や期限に追われている
6.
ゆったりすごす時間がない
7.
睡眠に乱れがある
8.
身体が緊張しやすい
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は? 
あなたのお住まいは?
診断についての注意

***焦燥感診断 注意事項***

・焦燥感診断は
  公認心理師,精神保健福祉士
 川島達史の監修の元作成しました

・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下に焦燥感診断の作成手順や趣旨説明が明示されています。興味がある方はご一読ください。


尺度作成の趣旨
現代社会は短時間で手軽にできる媒体が好まれています。この点、学術的に使われる心理や人間関係に関する尺度は存在しますが、何十問もある尺度は、敬遠され、結局は使われないまま終わってしまうこともあります。

そこで、精神的健康や人間関係の問題につながりやすい根本的な感情に着目して、手軽に自己チェックができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、あくまで予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを目的として作成します。

診断作成の条件
以下のポイントを意識して作成する。

・バスや電車で簡単に
 読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・診断には限界があること明示する

 

***作成の手順***

①先行研究の調査
焦燥感は、「イライラする」「苛立つ」「落ち着かない」「焦り」「ゆとりがない」など広い意味があります。心理学の研究では、下位因子として抽出されることが多く、焦燥感の構成因子を詳細に分析した研究は見当たりませんでした。そこでまずは焦燥感に関連する研究を概観し、ゼロベースで尺度を作成することとしました。


*参照文献
畑潮・小野寺敦子 (2009) エゴ・レジリエンスとタイプA行動パターンとの関係について. 目白大学 心理学研究, 5, 107-116.

生和秀敏・内田信行(1991)「時間不安の測定」. 広島大学総合科学部紀要Ⅲ, 15, 71-85.

瀬戸正弘・長谷川尚子・坂野雄二ほか(1997)「日本的タイプA行動評定尺度(CTS)」開発の試み. カウンセリング研究, 30, 199-206. 

若年就業者におけるキャリア焦燥感の構造: キャリア焦燥感尺度の開発
尾野裕美, 岡田昌毅 - 産業・組織心理学研究, 2014

焦りに関する研究の概観と展望: 焦りの包括モデルの提案 西村詩織 - 東京大学大学院教育学研究科紀要, 2008

 

②質問項目の抽出
上記の論文、学術書、一般的なニーズを参考に、公認心理師・臨床心理士・心理学の大学院を卒業した者が協力し、ブレーンストーミングを行いました。

その後、KJ法によりグルーピングを行ったところ、4つのグループができました。簡易診断とするためそれぞれ2つの質問を採用しました。


・落ち着きのなさ
何かと落ち着かない
気持ちに余裕がない

・苛立ち
苛立つことが多い
言葉使いが荒くなる

・時間への不安
納期や期限に追われている
ゆったりすごす時間がない

・身体的症状
睡眠に乱れがある
身体が緊張しやすい


③ 4段階で評価
評価は5件法で設定し、4つの段階で評価をしました
解説文を200文字程度で作成しました


・40~33 かなり大きい
・32~28 やや大きい
・27~22 ややある
・21~8  少ない


結果については長所と注意点の2つの面からバランスよく記述することを心掛けました。診断結果については提案程度にとどめました。

焦燥感(MAX 40)

焦燥感(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど、焦燥感が強いことを示しています。以下の基準を参考にしてください。

・40~33 かなり大きい
・32~28 やや大きい
・27~22 ややある
・21~8  少ない

焦燥感(MAX 40)

焦燥感(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の3群に当てはまった方は注意しましょう。

・40~33 かなり大きい
・32~28 やや大きい
・27~22 ややある

  • 総合

    順位都道府県平均値回答数
    1宮城県381
    1福島県381
    3岐阜県321
    4広島県30.673
    5鹿児島県301
    5埼玉県302
    5神奈川県302
    8北海道294
    8兵庫県291
    8山形県291
    11千葉県271
    12大阪府26.254
    13愛知県254
    14福岡県241
    15東京都22.754
  • 男性

    順位都道府県平均値回答数
    1岐阜県321
    2愛知県301
    3兵庫県291
    4北海道261
    5大阪府23.673
    6東京都23.52
  • 女性

    順位都道府県平均値回答数
    1宮城県381
    1福島県381
    3大阪府341
    4広島県30.673
    5神奈川県302
    5鹿児島県301
    5埼玉県302
    5北海道303
    9山形県291
    10千葉県271
    11福岡県241
    12愛知県23.333
    13東京都222

2021年11月12日から調査を開始しています。
現在集計中です。ご協力ありがとうございます。

あなたの焦燥感はかなり大きいようです。

長所

焦燥感が大きい方は、以下のような長所があります。

①時間を守る

焦燥感が強い方は「間に合わせないと…」「早くしなきゃ…」という気持ちが強く、時間や期限を守ることができます。誠実で信用できると思われている方が多いでしょう。

②準備をしっかりする

焦燥感がある方は、将来起こるネガティブな事態を想像しがちです。前向きに言い換えると、危機に備える力があると言えます。例えば、災害への準備をする、健康に気を遣う、資格取得を目指す、などリスクを想定し、前もって対処をすることができます。

③チームに規律をもたらす

焦燥感がある方は、組織で活動をする場合、周りに対して厳しくあたりがちです。口うるさいと思われることもありますが、危険をしっかり伝えることで、チームを危機から救うことができます。

注意点と対策

焦燥感がかなり大きい方は注意が必要です。あてはまる方は、以下の対策を参考にしてみてください。

①メンタルヘルスが悪くなる

焦燥感が大きい状態を放置しておくと、メンタルヘルスに悪影響となります。深刻になると適応障害やうつ病のリスクも出てきます。改善するには、焦燥感のメカニズムを理解し対策を立てることが大切です。詳しくは以下のコラムをご参照ください。

焦燥感の原因と対処法

②人間関係に悪影響

他人にイライラしやすい傾向がある方は注意が必要です。冷静になることができないと、周りにあたってしまい、人間関係が険悪になってしまいます。対策としては、焦燥感を防止する認知行動療法やマインドフルネス療法の学習をおすすめします。公認心理師など専門家のもとで学習したい方は、以下の心理学講座をおすすめしています。是非お待ちしています。

心理学講座

 

③ミスが多くなる

焦燥感が強い方は、早く終わらせようという気持ちが強いので、空回りをして逆に効率が悪くなってしまうことがあります。改善するには、深呼吸をする、1つ1つ作業を丁寧に進める、など冷静さを取り戻す練習が必要です。普段から焦ってミスが多いという方は、以下のコラムをご参照ください。

冷静沈着になる方法

④体に負担がかかる

日常的に焦燥感を抱えている方は、身体が緊張しやすく、不眠症、倦怠感、高血圧、を抱えやすいことがわかっています。あてはまる方は、ストレスを和らげるリラクゼーション法を学んだり、生活習慣を整えることが大切です。神経が高ぶってよく眠れない…倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散法

あなたの焦燥感はやや大きいようです。

長所

焦燥感がやや大きい方は、以下のような長所があります。

①時間を守る

焦燥感が大きいは「間に合わせないと…」「早くしなきゃ…」という気持ちが強く、時間や期限を守ることができます。誠実で信用できると思われている方が多いでしょう。

②準備をしっかりする

焦燥感がある方は、将来起こるネガティブな事態を想像しがちです。前向きに言い換えると、危機に備える力があると言えます。例えば、災害への準備をする、健康に気を遣う、資格取得を目指す、などリスクを想定し、前もって対処をすることができます。

③チームに規律をもたらす

焦燥感がある方は、組織で活動をする場合、周りに対して厳しくあたりがちです。口うるさいと思われることもありますが、危険をしっかり伝えることで、チームを危機から救うことができます。

注意点と対策

焦燥感がやや大きい方は注意が必要です。あてはまる方は、以下の対策を参考にしてみてください。

①メンタルヘルスが悪くなる

焦燥感が大きい状態を放置しておくと、メンタルヘルスに悪影響となります。深刻になると適応障害やうつ病のリスクも出てきます。改善するには、焦燥感のメカニズムを理解し対策を立てることが大切です。詳しくは以下のコラムをご参照ください。

焦燥感の原因と対処法

②人間関係に悪影響

他人にイライラしやすい傾向がある方は注意が必要です。冷静になることができないと、周りにあたってしまい、人間関係が険悪になってしまいます。対策としては、焦燥感を防止する認知行動療法やマインドフルネス療法の学習をおすすめします。公認心理師など専門家のもとで学習したい方は、以下の心理学講座をおすすめしています。是非お待ちしています。

心理学講座

 

③ミスが多くなる

焦燥感が強い方は、早く終わらせようという気持ちが強いので、空回りをして逆に効率が悪くなってしまうことがあります。改善するには、深呼吸をする、1つ1つ作業を丁寧に進める、など冷静さを取り戻す練習が必要です。普段から焦ってミスが多いという方は、以下のコラムをご参照ください。

冷静沈着になる方法

④体に負担がかかる

日常的に焦燥感を抱えている方は、身体が緊張しやすく、不眠症、倦怠感、高血圧、を抱えやすいことがわかっています。あてはまる方は、ストレスを和らげるリラクゼーション法を学んだり、生活習慣を整えることが大切です。神経が高ぶってよく眠れない…倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散法

あなたは焦燥感がややあります。

長所

焦燥感がややある方は、以下のような長所があります。

①落ち着いて対処できる

やや焦燥感がある状態ですが、深刻な状態ではありません。イライラしたり、焦ることもありますが、基本的には落ち着いて物事をこなすことができます。

②時間を守る

焦燥感がある方は「間に合わせないと…」「早くしなきゃ…」という気持ちが強く、時間や期限を守ることができます。誠実で信用できると思われている方が多いでしょう。

③準備をしっかりする

将来起こるネガティブな事態を想像することで、危機に備えることができます。例えば、災害への準備をする、健康に気を遣う、資格取得を目指す、などリスクを想定し、前もって対処をすることができます。

④チームに規律をもたらす

焦燥感がある方は、組織で活動をする場合、周りに対して厳しくあたりがちです。口うるさいと思われることもありますが、危険をしっかり伝えることで、チームを危機から救うことができます。

注意点と対策

焦燥感がややありますが現在は健康的なレベルです。ただしこれ以上悪化するとメンタルヘルスに問題が起こることもあります。以下の項目のうち、ご自身にあてはまると感じる内容を参考にしてみてください。

①メンタルヘルスが悪くなる

焦燥感を放置しておくと、メンタルヘルスに悪影響となります。深刻になると適応障害やうつ病のリスクも出てきます。改善するには、焦燥感のメカニズムを理解し対策を立てることが大切です。詳しくは以下のコラムをご参照ください。

焦燥感の原因と対処法

②人間関係に悪影響

他人にイライラしやすい傾向がある方は注意が必要です。冷静になることができないと、周りにあたってしまい、人間関係が険悪になってしまいます。対策としては、焦燥感を防止する認知行動療法やマインドフルネス療法の学習をおすすめします。公認心理師など専門家のもとで学習したい方は、以下の心理学講座をおすすめしています。是非お待ちしています。

心理学講座

 

③ミスが多くなる

焦燥感が強い方は、早く終わらせようという気持ちが強いので、空回りをして逆に効率が悪くなってしまうことがあります。改善するには、深呼吸をする、1つ1つ作業を丁寧に進める、など冷静さを取り戻す練習が必要です。普段から焦ってミスが多いという方は、以下のコラムをご参照ください。

冷静沈着になる方法

④体に負担がかかる

日常的に焦燥感を抱えている方は、身体が緊張しやすく、不眠症、倦怠感、高血圧、を抱えやすいことがわかっています。あてはまる方は、ストレスを和らげるリラクゼーション法を学んだり、生活習慣を整えることが大切です。神経が高ぶってよく眠れない…倦怠感がある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散法

あなたは焦燥感が少ないです。

長所

焦燥感が少ない方は、以下のような長所があります。

①仕事が正確

焦燥感が小さい方は、1つ1つの作業を落ち着いてこなすことができます。その結果、ミスが少なく、仕事が正確になりやすいと言えます。仕事の正確さを周りから信頼されているのではないでしょうか。

②人間関係が円滑

焦燥感が大きい方は、イライラしやすい傾向にあります。そのため、怒りを周りにぶつけてしまい、人間関係が険悪になってしまうことがあります。一方であなたのように焦燥感が小さい方は、イライラすることが少なく、穏やかな雰囲気を持っている方が多いです。安心感のある人柄なので好感を持たれやすいと言えます。

③身体が健康的

焦燥感が少ない方は、副交感神経が優位になりやすく、睡眠が安定する、血圧が安定するという特徴があります。体の面でも健康的になりやすいと言えます。

理解を深める

現在は健康的な状態です。予防として以下のコラムや講座をご参照ください。

焦燥感を予防しよう

すでに健康的な状態ですが、予防のためにも、基礎知識を学習することをおすすめします。以下紹介するコラムでは、焦燥感を予防する方法を一通り解説しています。是非ご参照ください。

焦燥感コラム

②心理学講座

筆者はメンタルヘルスを保つ心理学講座を開催しています。専門家の元で焦燥感を予防する方法を学習したい方は、下記のリンクを参照ください。心を落ち着かせる手法を学ぶことができます。

心理学講座

③人間関係講座

弊社では、人間関係を築く雑談スキル、傾聴スキル、共感力を高める講座を開催しています。焦燥感が少ない生活を持続させるには、人間関係の安定が不可欠です。穏やかな人間関係を築く力をつけたい方は以下の講座でお待ちしています。

人間関係講座

この診断を友達に伝える