>
>

無気力診断

無気力診断

当診断では簡易的に無気力の強さを把握することができます。無気力は深刻になると、燃え尽き症候群、適応障害など、様々な心の問題に発展してしまいます。是非参考にしてみてください。

無気力診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
将来がイメージできない
2.
仕事や勉強に意味を見出せない
3.
何かと先延ばしにしている
4.
やるべきことができない
5.
外出することが億劫だ
6.
人と会いたくない
7.
暗い気持ちが続いている
8.
ぐったりと疲れている
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は? 
あなたのお住まいは?
診断についての注意

***無気力症候群‐傾向診断 注意事項***

・無気力症候群‐傾向診断は
  公認心理師,精神保健福祉士
 川島達史の監修の元作成しました

・医療的な診断を行うものではありません
・予備調査の段階となります
・参考程度にご使用ください

以下に無気力症候群‐傾向診断の作成手順や趣旨説明が明示されています。興味がある方はご一読ください。


尺度作成の趣旨
現代社会は短時間で手軽にできる媒体が好まれています。この点、学術的に使われる心理や人間関係に関する尺度は存在しますが、何十問もある尺度は、敬遠され、結局は使われないまま終わってしまうこともあります。

そこで、精神的健康や人間関係の問題につながりやすい根本的な感情に着目して、手軽に自己チェックができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、あくまで予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを目的として作成します。

 

診断作成の条件
以下のポイントを意識して作成する。

・バスや電車で簡単に
 読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・診断には限界があること明示する

 

***作成の手順***

①先行研究の調査
尺度の作成にあたって、まずは先行研究を概観しました。無気力に関する研究は大きくわけて2つの方向性があります。

・青年期のアパシー状態
下坂(2001)は、青年期の各学校段階における無気力感を検討しています。狩野ら(2008)は、青年期のアパシー感情に焦点をあてた検討を行っています。

・精神疾患の症状
木村(2012)は脳卒中後のうつ病と無気力の関係を検討しています。

 

参考文献
岸可奈子・諸井克英(2010) 無気力感尺度の再検討 同志社女子大学生活科学 44 1-5

笠井孝久・村松健司・保坂亨・三浦香苗(1995) 小学生・中学生の無気力感とその関連要因 教育心理学研究 43 424-435

下坂剛(2001) 青年期の各学校段階における無気力感の検討 教育心理学研究 49 305-313

狩野武道・津川律子(2008) 大学生における無気力の分類の試み –スチューデント・アパシーと抑うつの観点から- こころの健康 23 1-10

下山晴彦(1995) 男子大学生の無気力の研究 教育心理学研究 43 145-155

脳卒中後のうつ病とアパシー 木村真人 - 日本神経救急学会雑誌, 2012

現代青年におけるうつ傾向の様相水野有光加 - 金城学院大学論集. 人文科学編, 2017

 

②ブレーンストーミング
上記の論文、学術書、一般的なニーズを参考に、公認心理師・臨床心理士・心理学の大学院を卒業した者が協力し、ブレーンストーミングを行いました。


やる気が起きない
いつも頭がぼんやりしている
やりたいことがない
人間関係が苦手だ
仕事や勉強にやりがいがない
仕事や勉強に意味を見出せない
仕事や勉強をしたくない
自分に自信がない
何事も活き活きと感じられない
ぐったりと疲れている
自分がつまらない人間のように感じる
体がだるいことがある
外出することが億劫だ
人と話すのが面倒だ
色々なことが面倒だ
前向きになれない
朝起きるのが辛い
毎日が楽しくない
人付き合いが面倒だと思う
時々何もしたくないと思う
将来がイメージできない
一人でいるのが一番好きだ
やるべきことを先延ばしする
暗い気持ちが続いている

 

③質問項目の抽出
その後、KJ法によりグルーピングを行ったところ、4つのグループができました。簡易診断とするためそれぞれ2つの質問を採用しました。


・目標の喪失
将来がイメージできない
仕事や勉強に意味を見出せない

・先延ばし傾向
何かと先延ばしにしている
やるべきことができない

・非活動
外出することが億劫だ
人と会いたくない

・抑うつ
暗い気持ちが続いている
ぐったりと疲れている

 

④ 4段階で評価
評価は5件法で設定し、4つの段階で評価をしました。解説文を200文字程度で作成しました。

・40~33 かなり傾向あり
・32~28 傾向あり
・27~22 やや傾向あり
・21~8  健康的な状態

結果については長所と注意点の2つの面からバランスよく記述することを心掛けました。診断結果については提案程度にとどめました。

無気力(MAX 40)

無気力(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど無気力であることを示しています。以下の基準を参考にしてみてください。
・40~33 かなり傾向あり
・32~28 傾向あり
・27~22 やや傾向あり
・21~8  健康的な状態

無気力(MAX 40)

無気力(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

以下の3群に当てはまった方は注意しましょう。

・40~33 かなり傾向あり
・32~28 傾向あり
・27~22 やや傾向あり

  • 総合

    順位都道府県平均値回答数
    1高知県402
    2島根県372
    3香川県361
    4広島県35.510
    5新潟県35.297
    6兵庫県35.110
    7奈良県34.54
    7徳島県34.52
    9長野県34.437
    10山梨県34.333
    11福岡県3417
    12岡山県33.899
    13千葉県33.7722
    14三重県33.56
    15熊本県33.388
    16富山県33.176
    17北海道33.1414
    18佐賀県32.673
    18茨城県32.6712
    20大阪府32.5319
    21愛媛県32.54
    22静岡県32.4613
    23鹿児島県32.45
    24愛知県32.3918
    25宮崎県32.333
    25長崎県32.333
    27神奈川県32.1931
    28東京都32.0679
    29大分県321
    29青森県328
    31群馬県31.717
    32福島県31.52
    33岩手県31.437
    34栃木県314
    34秋田県314
    36埼玉県30.8622
    37沖縄県30.577
    38宮城県30.1811
    39山口県302
    40石川県29.577
    41岐阜県29.4511
    42福井県291
    43山形県281
    44京都府277
    45滋賀県24.836
  • 男性

    順位都道府県平均値回答数
    1島根県401
    1高知県402
    3栃木県371
    4香川県361
    4鹿児島県362
    4長崎県361
    7北海道35.867
    8広島県35.676
    9長野県353
    10福岡県34.836
    11富山県34.85
    12兵庫県34.54
    13山梨県34.333
    14三重県341
    14佐賀県341
    16新潟県33.673
    17大阪府33.4212
    18岡山県33.333
    19山口県331
    20東京都32.9436
    21千葉県32.758
    22茨城県32.54
    23秋田県322
    23大分県321
    23岐阜県326
    26神奈川県31.8715
    27群馬県31.54
    28宮城県31.388
    29熊本県313
    30岩手県30.54
    30愛媛県30.52
    32沖縄県30.333
    33静岡県302
    33奈良県301
    35石川県29.333
    36福井県291
    36京都府293
    38愛知県285
    38福島県281
    40埼玉県27.119
    41青森県263
    42滋賀県19.673
  • 女性

    順位都道府県平均値回答数
    1新潟県36.54
    2奈良県363
    3青森県35.65
    4兵庫県35.56
    5広島県35.254
    6福島県351
    7熊本県34.85
    8愛媛県34.52
    9千葉県34.3614
    10岡山県34.176
    11長野県344
    11島根県341
    13愛知県33.7311
    14福岡県33.5511
    15埼玉県33.4613
    16静岡県32.9111
    17茨城県32.758
    18岩手県32.673
    19神奈川県32.516
    20宮崎県32.333
    21三重県32.254
    22徳島県321
    22佐賀県322
    22群馬県323
    25東京都31.5939
    26大阪府317
    27沖縄県30.754
    28長崎県30.52
    29北海道30.437
    30滋賀県303
    30鹿児島県303
    30秋田県302
    33石川県29.754
    34栃木県293
    35山形県281
    36山口県271
    36宮城県273
    38岐阜県26.45
    39京都府25.54
    40富山県251

2021年10月11日から調査を開始しています。現在集計中です。ご協力ありがとうございます。

あなたは無気力な傾向がかなりあります。

長所

無気力な傾向がかなりある方は、以下の長所があります。

①休むきっかけになる

無気力な状態の方は、頑張り過ぎた結果の可能性があります。毎日やるべきことに追われ、せわしなく過ごし、エネルギーを出し尽くしてしまった方もいると思います。今無気力になっているのは、「ゆっくり心を休める」きっかけになるかもしれません。

②生き方を問い直すきっかけ

無気力な時期は、自分の価値観を見直すきっかけとなることがあります。「なぜ勉強するのか」「なぜ仕事するのか」「なぜ生きているのか」など、深く考える方もいます。あたり前の日常に疑問を持つことで、新しい価値観を発見できるかもしれません。

③無気力な人に共感できる

いつもエネルギッシュな人は、無気力な人の気持ちが分かりません。その結果、「もっと頑張れ」「やればできる」「気合いだ」など的外れなアドバイスをします。一方で、無気力を体験したことがある人は、同じような人に共感し、やさしく声掛けをすることができます。

④助けてもらえることも

無気力な方は、表情が乏しく疲れている印象になります。その結果、周りの方があなたの異常を感じ、助けてくれることもあるでしょう。疲れた時は無理せず周りに助けを求めることも大事です。

注意点と対策

無気力な傾向がかなりある方は、以下の点で注意が必要です。

①社会生活が困難になるリスク

「こんなことをしても無意味…」「なにをやっても仕方がない…」と考えてばかりの方は注意が必要です。深刻になると、仕事にいけない、勉強が手につかない、人間関係が面倒になるなど、社会生活が困難になってしまいます。あてはまる方は以下のコラムをご参照ください。無気力を改善する方法を一通り学ぶことができます

無気力の3つの原因に即した対処法

②将来に悲観的になる 

無気力な方は、物事をネガティブに捉えがちで、「つまらない部分」「くだらない側面」に目が向きやすくなります。この点、休息を取り、ある程度気持ちが整理できたら、意識をして物事を前向きに捉える練習が必要になってきます。公認心理師など専門家のもとで練習をしたい方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。「楽しいこと」「有意義なこと」を見つける練習をしていきます。

心理学講座

③体に問題が出ることも

無気力な方の中には、考えすぎてしまい、夜眠ることができないことがあります。その結果、倦怠感を覚えたり、免疫力の低下が起きたりします。対策としては、体のストレスを減らすリラックス法を学んだり、生活リズムを整えることが大切です。体がいつも疲れている、だるい感じがある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散コラム

あなたは無気力な傾向があります。

長所

無気力な傾向がある方は、以下の長所があります。

①休むきっかけになる

無気力な状態の方は、頑張り過ぎた結果の可能性があります。毎日やるべきことに追われ、せわしなく過ごし、エネルギーを出し尽くしてしまった方もいると思います。今無気力になっているのは、「ゆっくり心を休める」きっかけになるかもしれません。

②生き方を問い直すきっかけ

無気力な時期は、自分の価値観を見直すきっかけとなることがあります。「なぜ勉強するのか」「なぜ仕事するのか」「なぜ生きているのか」など、深く考える方もいます。あたり前の日常に疑問を持つことで、新しい価値観を発見できるかもしれません。

③無気力な人に共感できる

いつもエネルギッシュな人は、無気力な人の気持ちが分かりません。その結果、「もっと頑張れ」「やればできる」「気合いだ」など的外れなアドバイスをします。一方で、無気力を体験したことがある人は、同じような人に共感し、やさしく声掛けをすることができます。

④助けてもらえることも

無気力な方は、表情が乏しく疲れている印象になります。その結果、周りの方があなたの異常を感じ、助けてくれることもあるでしょう。疲れた時は無理せず周りに助けを求めることも大事です。

注意点と対策

無気力な傾向がある方は、以下の点で注意が必要です。

①社会生活が困難になるリスク

「こんなことをしても無意味…」「なにをやっても仕方がない…」と考えてばかりの方は注意が必要です。深刻になると、仕事にいけない、勉強が手につかない、人間関係が面倒になるなど、社会生活が困難になってしまいます。あてはまる方は以下のコラムをご参照ください。無気力を改善する方法を一通り学ぶことができます

無気力の3つの原因に即した対処法

②将来に悲観的になる 

無気力な方は、物事をネガティブに捉えがちで、「つまらない部分」「くだらない側面」に目が向きやすくなります。この点、休息を取り、ある程度気持ちが整理できたら、意識をして物事を前向きに捉える練習が必要になってきます。公認心理師など専門家のもとで練習をしたい方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。「楽しいこと」「有意義なこと」を見つける練習をしていきます。

心理学講座

③体に問題が出ることも

無気力な方の中には、考えすぎてしまい、夜眠ることができないことがあります。その結果、倦怠感を覚えたり、免疫力の低下が起きたりします。対策としては、体のストレスを減らすリラックス法を学んだり、生活リズムを整えることが大切です。体がいつも疲れている、だるい感じがある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散コラム

あなたは無気力な傾向がややあります。

長所

無気力な傾向がややある方は、以下の長所があります。

①社会生活はこなせる

無気力状態ではありますが、深刻な状態ではありません。ややモチベーションが低下していますが、社会生活を健康的に進めることができるレベルです。メンタルヘルスを健康に保つ力を持っていると言えます。

②休むきっかけになる

無気力な状態の方は、頑張り過ぎた結果の可能性があります。毎日やるべきことに追われ、せわしなく過ごし、エネルギーを出し尽くしてしまった方もいると思います。今無気力になっているのは、「ゆっくり心を休める」きっかけになるかもしれません。

③生き方を問い直すきっかけ

無気力な時期は、自分の価値観を見直すきっかけとなることがあります。「なぜ勉強するのか」「なぜ仕事するのか」「なぜ生きているのか」など、深く考える方もいます。あたり前の日常に疑問を持つことで、新しい価値観を発見できるかもしれません。

④無気力な人に共感できる

いつもエネルギッシュな人は、無気力な人の気持ちが分かりません。その結果、「もっと頑張れ」「やればできる」「気合いだ」など的外れなアドバイスをします。一方で、無気力を体験したことがある人は、同じような人に共感し、やさしく声掛けをすることができます。

注意点と対策

無気力な傾向がある方は、以下の点で注意が必要です。

①社会生活が困難になるリスク

「こんなことをしても無意味…」「なにをやっても仕方がない…」と考えてばかりの方は注意が必要です。深刻になると、仕事にいけない、勉強が手につかない、人間関係が面倒になるなど、社会生活が困難になってしまいます。あてはまる方は以下のコラムをご参照ください。無気力を改善する方法を一通り学ぶことができます

無気力の3つの原因に即した対処法

②将来に悲観的になる 

無気力な方は、物事をネガティブに捉えがちで、「つまらない部分」「くだらない側面」に目が向きやすくなります。この点、休息を取り、ある程度気持ちが整理できたら、意識をして物事を前向きに捉える練習が必要になってきます。公認心理師など専門家のもとで練習をしたい方は、筆者が運営する心理学講座がおすすめです。「楽しいこと」「有意義なこと」を見つける練習をしていきます。

心理学講座

③体に問題が出ることも

無気力な方の中には、考えすぎてしまい、夜眠ることができないことがあります。その結果、倦怠感を覚えたり、免疫力の低下が起きたりします。対策としては、体のストレスを減らすリラックス法を学んだり、生活リズムを整えることが大切です。体がいつも疲れている、だるい感じがある…という方は、以下のコラムをご参照ください。

体のストレス発散コラム

あなたは無気力な傾向が少ないです。

長所

無気力な傾向が少ない方は、以下の長所があります。

①充実感のある生活

目標があり気力が充実している方が多いでしょう。人生に自分なりの価値を見出しているので、多少辛いことがあっても、力強く乗り越えていくことができます。

②先延ばししない

課題を先延ばしにせず、しっかり行動することができます。宿題であれ、仕事であれ、積極的に取り組むことができます。納期に遅れたり、約束を破ることが少ないのではないでしょうか。

③周りを元気にする

ネガティブな発言よりも前向きな言葉を使う方が多いでしょう。失敗して落ち込んでいる人も、あなたの前向きな姿勢から元気をもらうことができます。ムードメーカーのような立ち位置の方もいらっしゃるでしょう。 

 

理解を深める

現在は健康的な状況です。予防として以下のコラムや講座も参考にしてみてください。

①無気力を予防しよう

すでに健康的な状態ですが、予防のためにも、基礎知識を学習することをおすすめします。以下紹介するコラムでは、無気力状態を和らげる方法を一通り解説しています。やる気がでなくなる時がある…と感じる方は是非ご参照ください。

無気力の3つの原因に即した対処法

②心理学講座

筆者は楽しく学べる心理学講座を開催しています。公認心理師など専門家の元で無気力の心理的なメカニズムを学習したい方は、下記のリンクを参照ください。心理学をもとに無気力を和らげる方法を学ぶ事ができます。

心理学講座

③社会人基礎講座

弊社では、プレゼンテーション力やビジネス力を鍛える講座を開催しています。やる気がある方は、ビジネスにも意欲的な部分があります。人前で話す力、論理的に話す力を伸ばしたい方のご参加をお待ちしております。

社会人基礎講座

この診断を友達に伝える